自作Androidアプリ アップデート版リリースメモ

自作Androidアプリのアップデート手順をまとめる。
既に自作のアプリをplaystoreに公開している前提で記す。

必要なもの

  • 公開済みアプリのプロジェクト
  • 公開した時に作成したkeystoreファイル(ファイル名の例:com.example.myapp)

必要手順

  1. 修正を加えたAndroidアプリのプロジェクトを開き、そのプロジェクトのAndroidManifest.xmlを開きます。
  2. Version Codeには正の整数(アップデート前の数+1)を入力
  3. Version Nameは任意。多分前のVersion Nameより数字が上がってれば大丈夫

以下の例では既にVersionCode 1,VersionName 1.0.0を公開している前提で、書き換えている。

VersionName:2 VersionCode:1.0.1
VersionName:2 VersionCode:1.0.1

この状態で上書き保存しておく。

アップデート手順

以上を前提にアップデート手順をまとめる。

1.プロジェクトを.apkファイルにエクスポートする

プロジェクトを右クリック、「エクスポート」
プロジェクトを右クリック、「エクスポート」

プロジェクトを右クリック、「エクスポート」

Android->Export Android Application
Android->Export Android Application

Android->Export Android Applicationを選択

アップデートするプロジェクト(修正したプロジェクト)を選択
アップデートするプロジェクトを選択

アップデートするプロジェクト(修正したプロジェクト)を選択

keystoreファイル作成時のパスワードを入力
keystoreファイル作成時のパスワードを入力

keystoreファイル作成時のパスワードを入力する。
※ここでeclipseのバグなのか、「確認」が選択できない。Macだからなのか、eclipseのバージョンが悪いのか、他に原因があるのかは不明。とりあえず「パスワード」を入れて「次へ」を押す。再度パスワードを求めてくるので同じパスワードを入れると成功する。原因は知らない!

どこにexportするか聞かれる。個人ならデスクトップでいいんじゃない
どこにexportするか聞かれる。個人ならデスクトップでいいんじゃない

これで完了すると、.apkファイルが生成される。

ここではデスクトップを指定しているのでデスクトップに{プロジェクト名}.apkというファイルが作成される。
これがPlayStoreに公開するアップデート版となる。

2.PlayStoreにアップロード
playStoreのdeveleper用画面に行く。
「playstore dev console」というキーワードでググればたいてい見つかる。そしてログインする。
アップデートしたいアプリを選択して、左カラムの「APK」を選択。

「製品版に新しいAPKをアップロード」を選択
「製品版に新しいAPKをアップロード」を選択

「製品版に新しいAPKをアップロード」を選択し、先ほど作成された.apkファイルを選択してアップロードする。
その後、「今すぐ公開」を選択。(ここは状況に応じて変える必要)

「今すぐ公開」といっても実際にplaystoreでダウンロードできるようになるには時間(2,3時間くらい)がかかるそうです。

アプリアップデートリリース手順はだいたいこんな感じです。

以上自作アプリのアップデート手順でした。

【参考】
こちらが例で紹介しているアプリになります。
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.sub.takelab.hohokekyoupdate