Nexus7ヤマダ電機にてWiMAXと同時購入

ULoad-AeroとNexus7
ULoad-AeroとNexus7

先日、ヤマダ電機渋谷LABI店にてNexus7(32GB)を購入しました。同時にWiMAXも契約、これでNexus7の端末代から10000円割引がきいて19801円の買い物。
Nexus7はSIMフリー版(通常価格29800円 ヤマダ電機価格)を選択。WiMAX端末のほうは最近出たURoad-Aeroを選択。薄さに反したバッテリーの持続時間が魅力的でした。これが持ち出し価格1円。

Nexus7 32GB SIMフリーモデル 29800円(ヤマダ電機価格)
WiMAX端末URoad-Aero 1円
WiMAX契約割引額 -10000円
合計 19801円
(WiMAX 3880円/月)

このキャンペーンは恐らく新生活応援なので3月いっぱいだと思われますが、いつでもやっているような気がします(笑)
ちなみに条件縛り付きで指定されたプランに入ると50000円引きとなってNexus7自体が0円になるプランもありましたが、それだと月々のWiMAX使用料が5000円を超えます。ただでさえ回線速度の安定しない無線端末であり、しかもエリアが限られているものに月々5000円以上を払って端末を値引きするよりも通常の契約で10000円割引を利かせたほうがいいように思えたのでそのような契約にしました。「50000円割引!」という契約にはだいたいウラがあります。

仮に50000円割引の条件が5000円/月だとすると、通常価格3880円/月から引いて月1120円が上乗せになり、2年契約が前提となれば1120×24=26800円で端末料金を払うこととほぼ同等です。Nexus7の通常版であれば24800円(たぶんヤマダ電機価格)なので結果的に2000円はNexus7の端末代は損することになります(SIMフリーモデルであれば7000円の損)。

これらは端末代に限った話なので回線代に関しては加味してしませんが、僕自身はそこまでWiMAXに依存するつもりもなく、どちらにしろ部屋にも固定回線を引くつもりでしたので通常のプランにしました。詳しいプランの内容は検索したほうがいいと思います!

Nexus7
価格コムなどで調べるとやっぱり安い端末はでています、端末だけがほしいのであればそちらを選択するほうが賢明でしょうか。
それにしても、かなりサクサク動いてくれるのでいい買い物をしたと思います。動画もかなり綺麗に再生されます。これまでのAndroidタブレットに比べるとかなりいいです。日本産のものだとへんなオプションアプリやらメーカーアプリやらが入っていて邪魔です。それはそれで安心できるものなんでしょうが、バリバリ弄りたい人にはちょっと嫌なんじゃないでしょうか。その点Nexusはそういう部分がないのが素敵です。ようやくiPadに対抗できるAndroidタブレットが出たなと思います(R●GZ●タブレットはひどかった・・・とある条件下だと電源が入らないとか)。ただメインカメラがないのが残念です。junaioなどのカメラを使ったアプリが使えません。使えたとしてもインカメラしか使えません。それ以外は満足です。むしろ電子書籍を読むなら充分です。Amazonアプリのタブレット版は未だタブレットに対応していませんが、インストールする方法はあるみたいです。電池も保ってくれるのでいいですね。

nexus7
片手で持てるNexus7

URaod-Aero
薄さ8.4ミリ
重量74グラム
稼働時間12時間

薄いし軽い。財布に入れても違和感ないレベルのうすさなので、物質感がいやなひとにはオススメです。電池も繋ぎっぱなしで12時間持ちます。スリープにすれば最大200時間持ちます。シャツの胸ポケットに入れても出っ張りがないので違和感がありません。半日電池が持つので充電することを忘れます。軽くて薄いのでポケットにいれていると「あれ?どこやったっけ?」ってなります。都内であれば地下に入らない限りだいたいつながります。新居の鉄筋マンションでもつながります。こういう端末はだいたいつながらないものだと思っていたのでうれしかった。WiMAXだと通信制限にも悩まされないのがいいですね。

猫の額程の大きさ ULoad-Aero
猫の額程の大きさ ULoad-Aero

WiMAX端末、タブレットこの二つの組み合わせがあってこそ快適なネットライフが送れるのではないかと思います。カフェでドヤ顔をしながらコーヒーが飲めます。ホントにいい買い物をしたと思います。

Comments are closed.