赤坂の元社畜が嫁を探しにインドまで来てみた 第1話

これからは旅先でちゃんと日記的に書こうと思います。
毎回旅の記録中途半端なので・・・

どうも、只今インドはニューデリーのホテルにおります私です。

ドタバタの出国 フライトに間に合え!!

朝起きて、スマホ充電してないことに気づいてギリギリまで充電して8:00に出撃。

フライトは11:15で、昨日引っ越してきたばかりの東中野から出ます。成田空港です。

途中でGoogleMapに騙されて謎に電車を降りて時間をロス。

ギリギリ空港に滑り込んでセーフ。
そしてこのときメインで使ってるスマホがないことに気づいたが、こんなこともあろうかと予備に2機準備していたので大丈夫だった。
多分京成本線に置いてきた。

チェックインカウンターで、eVisaがあるか聞かれたのでコピーをドヤ顔で出したら、何故か職員達が慌てはじめて、

「これ、もしかしたらまだ受理されてないかもしれないです」

はっ?!

Grantedって書いてあるやろ!!

「今サイトでそのVisa番号入れてみたんですが、ヒットしなくて・・・」

えぇぇぇえぇ

あんな苦労して手に入れたeTVだぞ!!

とりあえずアライバルビザ用の申請用紙をもらってチェックイン完了

なんとかチェックインしてとりあえずウィスキーと土産買おうとしたらなぜか俺を客に研修が始まり、フライト10分前なんだがあああああ!!と焦った。

それでもなんとか飛行機乗って無事インドのニューデリーに到着。




タバコが吸えなくてイライラしたニューデリー国際空港

査察のスタッフがあっち並べこっち並べと二転三転してタバコがすいたすぎてキレた。
e-Tourist Visaの査察スタッフが30分以上来なくて、何回訪ねても「あと5分で来る」の一点張りで更にイライラ。
まわりの日本人もなんかキレてた。

あと、日本出るときに「使えないかも」と言われたe-Tourist Visaは無事使えました。

eTVのくだりはこちら
【eTV?観光ビザ?】インドのVISA申請がややこしかった【eVisa?!】

ちなみにエア・インディアは機内にライター持ち込み禁止でひたすらライター売ってるところを探すも空港にはなく、諦めてホテルまで来てやっとタバコ吸えた。

Hotel Aeropathに泊まりました




SIMを手に入れて友人に連絡を取ろう!

さてホテルについて一服したので、インドの友人に連絡をとろう。
と思ったら、そういえば日本で紛失したスマホにしか彼の連絡先がない・・・LINEこういう時不便。

なんとかして連絡を取りたいのでとりあえず夜の市場を歩いてSIMを買い求め、いろいろ考えてたらGoogleなら連絡先バックアップがあるじゃない!!と気付き、探したらSodhaの連絡先あった!!ちゃんと電話帳にインドの電話番号入れておいてよかったナイス俺!!

インド人の友人のくだりは以下に書いてあります。
国際運転免許証が超あっさり取れた@東京都

ちなみにSIMは2GBの通信容量と電話機能をつけて1355ルピー。大体2800円くらい。
安いのか高いのか知らん。一刻も早く連絡が取りたいので、あーはいはいはやくしてって感じでした。

あとその携帯ショップの店員の英語が全く聞き取れん。というか英語じゃない。
ちゃんとインターネットできるか、通話が可能なのか入念なチェックをした。

SIM買ってから調べたけど多分適正価格なのではないかと思う。

【参考】
【2016最新版】インドのSIMカード購入方法を徹底解説〜購入篇〜

やっぱりちゃんと事前に調べたほうがいい

連絡もついたのでビールでも飲むかぁ、と思って売店に入るも

「酒は売ってない、たぶんこのへんだいたい売ってないよ」

この時初めて知った。インドは酒が飲めない国であるらしいことを。

「免許がないと売れないんだよねー、ここだと5キロ先までいかんとないぜ」
ということらしい。

諦めて近場のレストランに行って、「なんかアルコールある?」って聞いても「うちアルコール扱ってない」と言われ意気消沈。

適当にチキンカレーと飯を食った。
チキンカレーはまあまあうまい。
飯のまずさに驚愕した。

よく東南アジアで見かけるタイ米?なんですが、今まで食ったどのタイ米よりもまずい気がした。無難にパンを頼んだ方がいい。まったく食が進まない。
日本の米のうまさを再認識した。

空港も結構喫煙に厳しいらしく、到着したポートから入国ゲートまで1箇所しか喫煙所がなかった。

自分のイメージではアジアだったらだいたい
すぐに酒が買えて、タバコもバカスカ吸う、みたいなイメージだったが、インドは全然そんなことなかった。

そしてさっき気づいたんですが、コンセントの形状も違うのでこれも注意してください。
変換アダプタは必須です。私は忘れました。
さっきホテルのスタッフにアダプタ貸してーっていったら貸してくれました。
でもUSB専用なのでMacbookの電池は充電できないね・・・

まとめると

  • インドは飲酒に厳しい(一応飲めるらしい)
  • 意外とタバコ吸う人いない
  • ライスはやめておけ、パンにしろ
  • 電源変換アダプタ必須

以上、赤坂の元社畜が嫁を探しにインドまで来てみた 第1話でした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です