takelab.note

釣りと一人旅と冒険と少々の技術の記録

Category: git

プログラムのコメントアウトにはFIXME、TODOの他にXXXがある

プログラミング言語のコメントアウトに”XXX”というコメントがあるということをご存知でしょうか

Continue reading

【個人アプリ】TwitMorseのタスク管理にbitbucketのBoards機能を使ってみる【管理ツール】

さすがに半年も開発現場から離れていると、いろんなプロジェクト管理ツールが出てきていたり、使っていた管理ツールに新機能ができていたりでとても戸惑います。有名なプロジェクト管理ツールだと、redmine,zilla,backlog,,,あと最近はtrelloなどでしょうか。
1年のうちにめまぐるしく変わる開発ツールのトレンドに翻弄される方も多いのではないでしょうか。というか私がそれです。

半年の放浪で完全に浦島太郎状態です。

今日は風邪が悪化して休みをもらったので、せっかくだし、個人開発アプリで何かつかってみようかな、と。
Continue reading

git stashをコミットもなしに消してしまった時の対応

SourceTreeで誤ってgit stashを削除してしまって「また1から実装か・・・」と嘆いておりましたがぐぐったら以下の方法がヒット。
しかもコミットしてなくても使えます。git stash復元が可能です。

git stash save で一時退避した変更を、誤って git stash clear で消してしまったときの回復法

http://d.hatena.ne.jp/t-wada/20090407/p1

Terminalをひらきます。

git fsck | awk ‘/dangling commit/ {print $3}’

を打ちます。

[bash]
[shtr_t@localhost myproject]$ git fsck | awk ‘/dangling commit/ {print $3}’
Checking object directories: 100% (256/256), done.
Checking objects: 100% (93244/93244), done.
70a401ef9784b3cbb6697b6d335888728384fa62
[shtr_t@localhost myproject]$ git cherry-pick -n -m1 70a401ef9784b3cbb6697b6d335888728384fa62
[/bash]

※消したスタッシュが多ければ多いほどたくさん出るので、cherry-pickしつつ変更内容を確認する作業が必要になります。

スクリーンショット 2016-06-16 10.37.18

もどったぁあぁぁぁぁぁ!!!!

© 2018 takelab.note

Theme by Anders NorenUp ↑