docker attachしてctrl+cを押すとコンテナごと削除される罠

こんにちは、11月6日付けで社会復帰を果たしました。
さすがに3ヶ月も家なき子状態を続けていると、社会復帰した時に辛いんだなってことに気づきました。
そして恥ずかしながらこの年齢にして、やっとdockerを業務で触る機会が訪れまして、四苦八苦しつつハマった罠を紹介したいと思います。

docker attachしてctrl+cをするとコンテナごと死ぬ

dockerがよくわからない方は「docker 入門」とググッて、わからない単語は更にぐぐってください。

ちなみに試した環境はmacOS上です。

普通はdocker exec

既にdocker run した前提で説明します。

$ docker run hogehoge
$ docker exec -ti hogehoge /bin/bash

この状態でctrl+cを押しても、特に反応はないです。
ctrl+cを押したことが出るだけです。

$ exit

をすると元のローカル環境に戻ってきます。



docker attachしてctrl+cするとどうなる?

docker attachしてctrl+cすると、、、
せっかく立てたdockerコンテナごと削除されます

もちろん

$ docker ps -a

と打っても何も出てきません。コンテナごと削除されます。

再びdocker startが必要です。

その際ですが、もちろんCONTAINER IDも変わります。

下手にdocker attachは打たないで、docker execを利用するのが作法なんだな、ということを学びました。

そんなメモ程度のネタでした。



参考資料
https://www.ogis-ri.co.jp/otc/hiroba/technical/docker/part1.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です