陽の光をください

20121023-164854.jpg
この投稿は「木や草、動物の気持ちを可視化する」実験です。嘘です。
でもこの仕組を使えば、例えば「山」「建築物」などの無生物から言葉が発せられているように見せかけることも可能ですね。写真についているGPS情報からエアタグを生成できるわけですから。。。人間以外の動物の気持ちを可視化、というか、解釈できる未来が来たらいいですね。ある記事によれば、ゴリラは手話で人間とコミュニケーションが取れるようです。

仲間が死んでしまったゴリラ(多少の手話を覚えているゴリラ)に手話で「あなたは今どんな気持ち?」と尋ねると、「悲しい」と手話で答えてくれるそうです。「悲しい、でも、仲間、悲しみの、ない、穴に、入る」と手話で答えたらしいです。つまりゴリラは「死」を認識できるのですね。これは生物として、とても大きな意味があるんだと思います。僕らはいつか、人間以外のいきものとコミュニケーションが取れるようになるのかも知れませんね。そんな未来が来たら、僕たちは何を食べて生きるのでしょうか?

ありとあらゆる犠牲の上に僕達は生きているのだということを再認識した、そんな日でした。