有給を失った社畜が2015年を振り返ってみた

最近このブログを書いていないので、2015年の振り返りをしたいと思います。

大変だった2015年

1月、初日からインフルエンザを患うというなんとも冴え先の悪いスタート。

2月、バイク置き場がほしいがため、300メートルだけ引っ越す。
広さ10畳3階建ての3階に移住。最寄り駅から少し離れる。自分が担当したプロジェクトが成功する。

3月、社内公募が行われていたプロジェクトに合格し、チーム異動。
この頃は希望に満ちていた・・・。

4月、この頃から体調がおかしくなる。貧血でしんどい日々が続く。
「ちょっと疲れたかな?」という程度だった。

5月、4月の体調不良を癒やすべくベトナム旅行する。ベトナムはダナン・ホイアンに行く。飯がうますぎたため4キロ太って帰国
しかし仕事が始まるとしんどくなるという謎の状態に陥る。有給を爆速消化したらさすがに人事に刺され、休職させられることに。
医者に行ったら「適応障害の疑い」と診断された。

6月、自分が休職するというショックから放心状態。申し訳ない思いで更にしんどくなる。
暇なのでAndroidアプリを作り始める。ここで「TwitMorse」というアプリを開発し、ver1.0リリース。

7月、放心状態から立ち直り始める。外出するようになる。
原付バイクで長野の祖母宅まで旅をしてみたりする。

8月、仕事復帰に向けてリハビリをする日々、産業医に「まだ復帰だめだからね」と言われる。
旅に出かける。イワナやヤマメを獲って野宿する日々を過ごす。ホンダFTR223を購入する。

9月、復帰に向けて職場近くの喫茶店に通う日々。手続き上復帰が1ヶ月伸びる。
TwitMorseがアンドロイダーに取り上げられる。

10月、職場復帰。チームのメンバーが激しく変わっていたり、同期が異動していたりしてしてものすごいdiff。
体重が標準体重になる。ちなみに有給0スタート。

11月、職場でデスマーチに参加。23時帰りが続く。産業医にキレられる。
体重が減る。

12月、やはり残業のしすぎで産業医に怒られる。闇の気配を感じる案件にアサインされる。
Androidのカスタムビューに苦戦する日々。「来年はどうなるんだぁああ!!?」と思いながら終了。

一月あたり2、3行でまとめるとこんな感じになった。
「休職」というものすごい大きな経験をした。終わってみればいろいろ厳しい経験をしたなぁという1年でした。

今年一年、なんとか生き残れたことを感謝。復帰できたことにも感謝。
来年は健康な一年にします。オリジナルアプリももう一本くらいリリースしようかなと思っています。

皆さん、どんな一年だったでしょうか?
来年もいい一年にしましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です