新卒入社でお部屋を借りるときの注意 引越しの準備なう

こんにちは、re_take21です。
この度、順調にいけば入るであろう会社の近くに引っ越そうと思います。社会の右も左もわからない学生ですが、部屋を借りるときの注意を書き込みます。

お部屋を借りるときに必要なものはだいたい決まっています。

印鑑
保証人
身分証(免許証、保険証など)

だいたいこのへんを浮かべます。

しかし、新卒にはもう一つ重要な要素があります

内定通知書

というものです。
これは「春からこの会社にいきますよー」という証明で、貸主さんの心証を得るために重要なものです。

会社によっては本当に薄いA4プリント一枚に、5行くらいしか文章がないので大学のレジュメ感覚でフォルダに入れてしまうことがあります(実際に自分がそうだった)。

先日不動産屋さんで部屋を探したときに、いい物件があったのでここにしようとしたら

「内定通知書って持っていますか」

と聞かれ、

(そういえばそんなものもあったけどどこにあるんだろう)

とガサゴソバックパックを漁ったら、ぐしゃぐしゃになった内定通知書が出て来ました。

「ありました・・・」といって差し出すと

「これ結構大事なものだから大切にしてね」

とやんわり注意されました。

「はああ!そうか!!社会人になったらこんなペラ紙一枚にも重要な意味があることを知らないといけないのか!!!!」

と衝撃をうけました。学生の僕にとってはカルチャーショックです。意外と知られてないみたいです。
部屋探しをするときはちゃんと書類をそろえましょう。

というわけで春から新生活をする皆さん、ご注意を!