怒涛の1週間 ━━アップルストア銀座でのワークショップを終えて

アップルストア銀座にて「学生プレスカンファレンスStartUpMeeting」と題してイベントを主催しました。
僕はタイムキーパーとマイク周りをやってました。

以前放送団体で働いた経験がこんなところで活きるものなんだな、としみじみ思いました。

朝日新聞、ロイター通信、情報センター出版からゲストスピーカーを招き、これからの学生新聞の在り方、時代の流れ、今の記者に求められていることをお話いただく、という内容でした。また、その後の学生プレゼンもなかなか面白かった。中には熱く語ってしまい、10分一枠のプレゼンを20分近く費やす人もいて、タイムキーパー的にはあのギリギリ感が楽しかった。

昨年の11月にこの話が出て、就職活動との両立はどうするんだ、研究室の活動もあるぞ、といろいろ意見がありましたが、以前から求めていた外部からのつながりを創る意味でも大変重要なプロジェクト。時間的なギリギリ感、余裕のなさ、忙しさに燃えざるを得ず。

今回の経験で得たものは「タイムスケジューリングとマネーマネジメントの大切さ」。

イベント当日に貯金残高が671円になっていたことがかなり衝撃的でした。電話連絡だったりミーティング後の懇親会で金をばらまきすぎたのが原因だったと思う(^_^;)

でもトータルで一番消えていたのは交通費。毎日1000円以上の移動費が財政を圧迫しているのは間違いなく、しかも証明写真の撮影とスーツの購入代でいっきに飛んでいた。これから職を求めるという人間に出費を強いるこの日本の就職活動のシステムには甚だ疑問があるが、そんな風に社会のせいにするのはまた弱い人間のやること。せめて自分の力で食っていけるようになってから声を大きく訴えていきたい。

まあそれもこれも、あれも、すべて自分の弱さが根本にあるので、この腐った根性を叩き直す意味でも自衛隊に入隊しようとこのごろ真剣に考えている次第です。。。とりあえず5月までは就職活動をがんばります。