ベランダ栽培はじめました 支柱導入編

ご無沙汰しております。わたしです。
六本木の社畜が代休を駆使して原付で一人旅に出てみた」シリーズ第一弾が想像以上にバズりまして、すこし嬉しかったです。
第二弾を執筆中ではありますが、いかんせん旅の二日目以降ボリュームがありすぎて、未だに二日目午前中の段階を書いている次第であります。
楽しみに(?)してくださっている方もいるようで時間のある時にしこしこと書いておるのですが、わたしがパソコンの前に座って作業するのが苦手な人間ゆえ、時間がかかっております。

本日の記事はベランダ栽培の件について進展がありましたので記録がてら記事を書いてみる次第であります。

ミニトマトの苗に支柱を導入

IMG_6811.JPG
ご覧の通り、支柱を導入しました。左は「花支柱5号」、右は「葉ダレ防止リング」という商品名らしい。

栽培をしているミニトマトがご近所の皆様のおかげもあってだいぶ成長してまいりました(ベランダ栽培はじめました 里帰り編,ベランダ栽培はじめました 帰宅編)。葉からは若いトマトの匂いがふわりと薫るようになってまいりました。

以前にベランダでトマトを栽培した経験のある友人に話を聞いたところ、

「ある程度苗が成長してきたら、支柱を入れて茎が折れるのを防いだほうがいい。折れるとそこで死ぬらしい」

完全に第三次情報です。又聞きの又聞き。真偽のほどは不明ですが、なるほど確かに山梨に暮らす母の菜園では支柱を入れていた。それを思い出して買おう買おうと思っていたのです。本日久々に予定がない日曜日を迎えたので祐天寺の100円ショップで二種類の支柱を買いました。

ひとつめがこちら

IMG_6812.JPG
花支柱5号
支柱の長さ約54cm。すこし小さいアサガオの蔦(つた)を絡ませる用のものらしい。支柱にも「〜号」という規格があることを初めて知った。

ちなみに花支柱6号の長さは約60センチらしい。花支柱は5号と6号しか売られてなかった。雑感としては6号のほうがアサガオに向いていそうな大きさ。

もう一種類買ったのがこちら

IMG_6813.JPG
葉ダレ防止リング
リング径約14センチ。支柱の高さ約28センチ、5号鉢(15cm)〜6号鉢(18cm)用と書かれていた。

「フリージア、ベゴニア、東洋ラン、セントポーリア、カラジウム等、葉の広がる植物の葉ダレ防止に!」

という詳細な説明があるが、フリージア以降どんな植物なのか全く分からない。
3本セットで税込108円だったので買った。余ったものは画像にあるようにペットボトルに挿しておけば次の植物の栽培に役立つ可能性がある。

というわけで、9月を迎え、最近東京はすこし肌寒くなったり、急にムワッとする暑さに襲われたりで気候が安定しないものの、ベランダの植物達はなんとか生きている様子。しかし、ミニトマトの葉に出来る白い模様はなんなのでしょうか。何かのよろしくない兆候なのでしょうか。

インターネットで検索してしまえば一撃で分かりそうなものの、何故かインターネットに頼らず直接人に聞いてみたい私がいます。

以上「ベランダ栽培始めました 支柱導入編」でした。

※追記

ミニトマトの葉にできる白い模様は「ハダニ」によるものだそうです。よくよく葉を見ると、確かに赤みを帯びた小さな虫が蝕んでいるのが観察できました。

Q:葉に小さな白い斑点のような透かし模様ができて、葉が萎れかけています。
A:葉の裏に目に小さなハダニが寄生して、葉の汁を吸うとこのような模様に見えますので葉の裏をよく観察してください。ハダニは乾燥が続いたり、ハウスなど直接雨のかからないハウスなどで発生しやすいです。。牛乳や殺虫剤などで早めに駆除します。

確かに土が乾いた状態が続いていた。
とりあえず手元にあったアースジェットをぶち込みました。無農薬栽培って本当に難しいんだな、と実感。
そりゃ無農薬を謳う野菜があんなに高いわけだ・・・。というか結局インターネットで検索しました・・・。

[参考]

あった!kcy家庭菜園 > トマト栽培Q&A